PR

オリックス移籍・吉田輝星の彼女は誰?結婚願望は?2024年は今後の野球人生の岐路か?

オリックス・バファローズ所属の吉田輝星(こうせい)投手

高校時代は金足農(秋田)を夏の甲子園で準優勝に導き、金農旋風の立役者となりました。

吉田輝星➀

Full Countより引用

まだ20代前半と若く、端正な顔立ちで球界では女性人気も抜群です。

2019年にプロ入り後、5年間で64試合 3勝9敗 防御率6.23の成績に留まっています。

この記事ではその吉田輝星投手の彼女に関する情報好きな女性のタイプなど気になったので調べてみました。

この記事を読めば、

  • 吉田輝星投手の彼女の有無
  • 吉田輝星投手の好きな女性のタイプ
  • 吉田輝星投手の結婚願望は?
  • 吉田輝星投手にとって2024年は野球、結婚の両面でチャンス!

といった内容が分かるようになります。それでは、どうぞ!

日本ハム・田中正義投手の結婚に関する記事も書いております。是非ご覧ください。

吉田輝星投手のプロフィール

吉田輝星②

Full Countより引用

  • 名前:吉田輝星(こうせい)
  • 生年月日:2001年1月12日
  • 出身:秋田県潟上市出身
  • 高校:秋田県立金足農業高等学校(2018年度卒)
  • 体型:174㎝ 76キロ
  • 投打:右投右打
  • 血液型:AB
  • 職業:プロ野球選手(オリックス・バファローズ所属)

 秋田・金足農のエースとして出場した第100回全国高校野球選手権記念大会(2018年)では鹿児島実、大垣日大、横浜、近江、日大三といった甲子園で全国制覇の経験のある名門や強豪を次々と破り、秋田県勢103年ぶりの決勝進出に大きく貢献し、「金農旋風」の立役者となりました。

吉田輝星③

スポニチより引用

 決勝の大阪桐蔭戦でも先発し、準優勝。秋田大会から夏の甲子園の準決勝までを1人で投げ抜き、疲労蓄積がピークに差し掛かる中、決勝の先発のマウンドに上がったエースとしての気迫は今も高校野球ファンの脳裏に深く刻まれています。

 夏の甲子園が終わった後、会見でプロ志望届を提出することを表明。

2018年10月25日のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに1巡目で指名されました。

吉田輝星④

デイリースポーツより引用

2023年11月24日、交換トレードオリックス・バファローズへの移籍が発表されました。

 来季はプロ6年目、勝負の一年が始まります。

吉田輝星投手に彼女はいる?

そんな吉田輝星投手は言わずと知れた超イケメン投手です。

吉田輝星⑤

JCASTニュースより引用

彼女がいないわけがない。そう思う人がほとんどだと思いますが、現在は彼女募集中だとのことです!

吉田記事➀

日刊スポーツより引用

高校時代は2018年の夏の甲子園で準優勝した後、行われるはずだった高校の文化祭の一般公開が中止となりました。金農フィーバーの影響で「混乱が予想され、生徒の安全確保が困難」だと学校側が判断したものです。

それだけ甲子園での金足農の躍進は多くの人の胸を打ち、

その時のエースだった吉田投手がモテなかったという要素が全く見当たりません

吉田輝星⑥

スポニチより引用

吉田投手の母校・金足農は「雑草軍団」と呼ばれ、高校生活は野球に明け暮れ、1日12時間も練習することもあったそうなので、彼女を作る余裕もなかなか無かったのかもしれません。

吉田輝星はどんな性格なのか?

吉田輝星⑦

スポーツ報知より引用

吉田投手に限ったことではありませんが、やはり投手は試合の勝敗の鍵を握っています。

ましてや甲子園がかかっている大会で投げると気持ちの入りも普段とは違うので、

敗れてしまうと平静を保っていた感情の振れ幅が大きくなることも考えられます。

吉田投手は100回大会の夏の甲子園を代表するスター選手ですが、

高2秋に吉田投手の性格の一部が現れたことがありました。

センバツがかかった秋田大会で味方のミスもあり、終盤に大逆転負け。

試合後、少し取り乱してしまったのです。

吉田記事②

Number Webより引用

 高校を卒業するタイミングのインタビュー企画でも、自身の性格について次のように述べています。

吉田記事③

スポーツ報知より引用

プロ入り後の吉田投手はいつも穏やかな表情でマウンドに立ちますし、当時より年齢を重ねたこともあり、柔和な面持ちでプロのマウンドに慣れてきた感があります。

そろそろ吉田投手の本領が発揮されるのではないかと楽しみです。

吉田輝星の好きな女性のタイプは?

吉田投手が20歳だった2021年の年末、次のように述べています。

吉田記事④

 日刊スポーツより引用

好きなタイプであるモデル・女優の香里奈さんは1984年2月21日生まれの現在39歳です。

吉田投手は現在22歳なので、17歳も年齢差があったとしても大丈夫とのことですし、

年上の女性を好む傾向にあると分かりました。

ドジャース・山本由伸投手の結婚に関する記事も書いております。是非ご覧ください。

吉田輝星に結婚願望はある?

吉田投手は現在22歳で来季でプロ6年目を迎えます。

先日、契約更改を終え、400万ダウン来季の年俸1600万円(推定)となります。

吉田輝星⑧

日刊スポーツより引用

減俸にはなっているものの、同年代と比較しても経済的に豊かだと言えますし、来季はプロ6年目

同年代では、読売ジャイアンツ・戸郷翔征投手が2023年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)優勝メンバーで2年連続でシーズン12勝をマークしました。

戸郷➀

巨人・戸郷翔征   中日スポーツより引用

さらに、高校時代に夏の秋田大会決勝で2度相まみえた千葉ロッテ・山口航輝選手2年連続で二桁本塁打を記録し、先日の契約更改で結婚を発表しました。

1500万アップの4300万円で契約を更改しました。

山口➀

千葉ロッテ・山口航輝  中日スポーツより引用

高校時代、秋田で凌ぎを削ったライバルはロッテの主軸を担い、年俸とチームからの信頼も右肩上がり。

さらには結婚を発表しました。意識しないわけにはいかないですよね。

吉田投手は今季、先発再転向を目指しましたが、

わずか3試合の登板に留まり、本領を発揮できませんでした。

「彼女がほしい」「結婚したい」という願望よりも、

目の前の登板に向けて「今は他のことを考えている余裕がない」と思っているかもしれません。

ロッテ・佐々木朗希投手の結婚に関する記事も書いております。是非ご覧ください。

吉田輝星投手がオリックスへ電撃トレード移籍

2023年11月24日、交換トレードでオリックスへの移籍が発表されました。

吉田輝星⑨

読売新聞オンラインより引用

オリックスは現在パ・リーグ3連覇中2022年には27年ぶりの日本一に輝きました。

投手陣もポテンシャルの高い投手が揃いますが、

来季は先発ローテーションの2人がチームを去ります。

  • 山本由伸投手メジャーリーグへ移籍
  • 山﨑福也投手がFAで北海道日本ハムファイターズに移籍
山本山崎

左:山本由伸 左:山崎福也   東スポWEBより引用

新天地・オリックスは同郷・秋田出身の中嶋聡監督が2021年から率いて、

一気にパ・リーグの優勝争いを席巻する今、最も勢いのあるチームです。

中嶋聡

オリックス・中嶋聡監督  スポーツ報知より引用

元DeNA・今永昇太投手の結婚に関する記事も書いております。是非ご覧ください。

吉田輝星投手のプロ通算成績

金足農で「夏の甲子園準優勝投手」という実績を引っ提げて飛び込んできたプロの世界。

プロ野球の各打者は、ここまで吉田投手の前に大きな壁として立ちはだかっています。

吉田記事⑤

NPBより引用

吉田輝星投手は新天地・オリックスで活躍できる?

甲子園のスターである吉田投手の投手としての素材は一級品、

パ・リーグで3連覇中のオリックスの上昇ムードで「何とか育ててもらえれば」という北海道日本ハムファイターズの吉田投手への親心がにじむとスポーツ紙が報じています。

吉田記事⑥

  スポーツ報知より引用

前述にもあるように、オリックスは来季に向けて先発投手を新たに複数作らなければならない状況にあります。

吉田輝星投手は、もともと先発として夏の甲子園でも実績を残しましたし、

ルーキーの2019年にはプロ初登板・初先発・初勝利をマークしました。

吉田記事⑩

スポーツ報知より引用

常勝軍団かつ先発投手の駒不足が懸念されるオリックスへの移籍は

吉田投手にとって今後の野球人生を占う大きなターニングポイントと言えるでしょう。

同郷・秋田出身の中嶋聡監督のもと、吉田投手はプロで飛躍できるのか。

そして、縁の下の力持ちを得ることで吉田投手の成績が向上することも考えられます。

いずれにしても、現在の吉田投手にとっては様々な人の支えが必要のようですね。

中日・根尾昂選手の彼女に関する記事も書いております。是非ご覧ください。

吉田輝星投手の彼女、結婚に関するまとめ

吉田投手はプロ入り後、思うような投球ができずにいます。

この現状を打破するためには周囲のサポートが必要不可欠のようです。

秋田・金足農時代は家族の支えのもと、猛練習にも耐え、甲子園のヒーローになった吉田投手。

素敵な女性を見つけるためにも活躍しなければならないですし、

活躍するためには周囲のサポート、縁の下の力持ちの存在が必要なので、

私生活と野球の両面で「変化」を恐れずに来季に向かっていってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました